生科連公開シンポジウム 2019 魅力ある生物教育を考える ―生物離れ。何が問題なのか―

EVENTS

生科連公開シンポジウム 2019 魅力ある生物教育を考える ―生物離れ。何が問題なのか―

生科連公開シンポジウム 2019 魅力ある生物教育を考える ―生物離れ。何が問題なのか―

日時: 2019年10月5日(土) 14時50分~18時20分
会場: 東京大学本郷キャンパス 理学部化学本館5階講堂
 https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map10.html
後援: 日本学術会議(予定)

〈プログラム〉
司会進行: 片山豪
 生科連 生物教育・大学入試問題検討委員会委員長
14:20- 受付開始
14:50 開会挨拶 井関祥子 生科連副代表
14:50-15:05 趣旨説明 小林武彦 生科連代表
15:05-16:45 講演(各20分)
「日本学術会議からのメッセージ ―暗記はもうやめよう―」
 中野明彦(理化学研究所)
「生物の大学入試はどう変わるか?」
 園池公毅(早稲田大学)
「学習指導要領を改訂した立場から」
 藤枝秀樹(文部科学省)
「大学で生物学を教えるということ」
 三村徹郎(神戸大学)
「高校現場の生物教育の現状とこれから」
 菅野治虫(埼玉県立浦和高等学校)
16:45-17:05 休憩
17:05-18:20 パネルディスカッション
 テーマ; 魅力ある生物教育に生物科学系学会として何ができるか
 モデレーター: 片山豪
 パネリスト: 中野明彦,園池公毅,藤枝秀樹,三村徹郎,菅野治虫,小林武彦
18:20 閉会挨拶 松永幸大 生科連副代表
18:30-20:00 意見交換会
 伊藤国際学術研究センター ファカルティクラブ
 https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/u-tokyo/
 (意見交換会に参加される方は会費3,500円をお支払いください。)

【参加申込】
 生科連公開シンポジウムに参加希望の方は,必要事項を記入の上,生科連事務
局まで申し込んでください。
・必要事項
 件名: 公開シンポジウム申し込み
 本文: ①氏名,②所属,③メールアドレス,④意見交換会の参加の可否
・申込先: seikaren@nacos.com
・締切: 2019年9月20日(金)

ウェブサイトも併せてご参照ください。
https://www.nacos.com/seikaren/