理研QBiC 上級研究員、研究員、特別研究員募集

RECRUITMENT

理研QBiC 上級研究員、研究員、特別研究員募集

理研QBiC 上級研究員、研究員、特別研究員募集

募集研究室:
生命システム研究センター 多細胞動態研究連携室
(室長: 柴田 達夫 )

研究室の概要:
「器官の形成・維持・再生における生命システム研究の次世代プラットフォームの構築プロジェクト」
多細胞システムを丸ごととらえることでシステムの法則性を解明し、破綻を理解し、制御則につなげていくことが、これからの生命科学・医科学の大きなチャレンジです。そのためには多細胞システムを定量的・網羅的に計測し、計算生物学による定量的な理解と予測までが一貫して連携する次世代の生命科学のプラットフォーム作りが不可欠です。多細胞システム形成研究センター(CDB)と生命システム研究センター(QBiC)には多細胞システム形成の生命科学・医科学と光学技術や計算生物学などの高度な定量化技術があり、次世代プラットフォームのスタンダードを形作る絶好の環境が整っています。そこでこのプロジェクトでは両センターの複数の研究室を横断して器官まるごとライブイメージング、器官まるごと全細胞追跡、器官形成メカノバイオロジーの課題に取り組む研究員を募集します。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数:上級研究員、研究員、特別研究員 若干名

職務内容:
次の1または2、またはそれらの両方を実施します。
1.先端バイオイメージング研究チーム(渡邉朋信)と協力して、器官の形成・維持・再生の生命システム研究に資するライトシート型顕微鏡を構築します。
2.CDBとQBiCの研究室と協力し、器官のまるごとライブイメージング、器官のまるごと全細胞追跡、または器官形成メカノバイオロジーのいずれかのテーマに沿って新たな研究プロジェクトを計画し、実施します。それぞれのテーマは以下の説明を参照のこと。

※事前にお問い合わせの上、上記のテーマに関わるQBiCとCDBの複数の研究室と可能なプロジェクトについて相談していただきます。その上で研究課題を自ら設定し、複数の研究室と協力しながら,その研究課題を主体的に推進していただきます。応募時に研究計画(A4用紙2枚程度)を提出してください。事前の問い合わせは多細胞動態研究連携室室長 柴田達夫にお願いします。当方で該当研究室に照会の上、可能なプロジェクトの相談を開始していただきます。
※採用後の所属は生命システム研究センター多細胞動態研究連携室、および、プロジェクトに関わる研究室になる予定です。
※CDBやQBiCの研究室が本プロジェクトの成果物を利用するに際しては、その利用の支援を担当していただくことがあります。

応募資格:
・博士号取得者(採用時までに取得見込み可)
・複数の研究室との間で行なわれる本プロジェクトにおいてイニシアチブを発揮できる方
・多分野に渡る知識・技術を有する研究であるため、新しい事を学ぶ意欲
・次のいずれかの研究者

  •  顕微鏡構築・画像解析アルゴリズム開発など物理・工学・情報分野にも興味・意欲のある生物学研究者
  •  生物学(とくに組織・器官の発生・再生・維持などのラフサイクルサイエンス分野)への応用に興味・意欲のある物理・工学・情報分野の研究者

勤務地:
多細胞システム形成研究センター(兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3)または、生命システム研究センター(大阪府吹田市古江台6-2-3)

待遇:
単年度契約の任期制職員で、評価により、採用日から5年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、所属しているセンター若しくは研究室又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。
また、2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に入会(理研共済会規約による)。
休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程によります。

※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り。

応募方法及び締切日

提出書類:
1.履歴書 (写真付、メールアドレス明記)
2.研究業績一覧 (主要な研究論文2報の別刷各1部)
3.現職の所属長等2名からの推薦状各1通
(現職の所属長等から推薦状をもらうのが困難な場合は、第3者による推薦書あるいは照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先を記載するだけでも可)
4.これまでの研究の概要(A4用紙1枚)と研究計画(A4用紙2枚程度)。

締切日:最終候補者が決まり次第締切り
審査は平成29年2月6日(月)より開始し、適任者が採用されるまで継続します。

選考方法:書類審査後、書類選考通過者のみ英語による公開セミナーを行って頂いた後に面接を行います。

着任時期:平成29年4月1日以降(応相談)

個人情報:
提出していただいた書類は、理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

問合せ先・書類送付先

研究内容についてのお問い合わせ:
多細胞動態研究連携室 室長 柴田達夫
Email: tatsuo.shibata[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えて下さい。

書類送付先:
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3
理化学研究所 神戸事業所 研究支援部 人事課 採用担当宛封書に「生命システム研究センター多細胞動態研究連携室 研究員 応募書類