ポスドク・研究員募集(メカノ神経科学・韓国)

RECRUITMENT

ポスドク・研究員募集(メカノ神経科学・韓国)

ポスドク・研究員募集(メカノ神経科学・韓国)

機関名 Korea Brain Research Institute

部署名 メカノ神経科学研究室(神経発生・疾患部門)
http://kbri.re.kr/lab10/pages/research/page.html?mc=1201

韓国脳科学研究所(KBRI)は、韓国中部の都市テグに新設された国立の研究所です。昨年より本格的にスタートした研究所では、神経科学全般を対象に活気ある雰囲気で研究を進めています。政府の支援を受け、充実した環境で先端的研究に専念することが可能です。
当メカノ神経科学研究室で推進するプロジェクトの概要は、以下の通りです。細胞が外環境から受ける機械的刺激を生化学的シグナルに変換し、移動・成長・分化が規定される「メカノトランスダクション」について、近年急速に関心が高まっています。当研究室では、発生期のマウス脳をモデルに、メカノトランスダクションが神経幹細胞分化および脳形成に果たす役割について、細胞生物学・生化学・マウス遺伝学・先端的イメージング等をシステマティックに活用して研究を進めて行きます。また、メカノトランスダクションを応用した多能性幹細胞から神経細胞を作製する新規的手法の開発、および神経変性疾患との関連の探索、さらに工学的アプローチによる新規機能材料・培養手法などの開発に関しても研究対象とします。これらの研究は、メンバーのバックグラウンド・興味の対象を最大限に生かすため、十分なディスカッションを通して進めて行きます。研究室の立ち上げにあたり、神経科学の新分野を開拓する、熱意ある研究者を募集します。

勤務地住所 61,Cheomdan-ro, Dong-gu, Daegu, 701-300, Korea

募集人員 2人

着任時期 なるべく早い時期(応相談)。

勤務形態 常勤(任期あり) 5年任期、更新可

応募資格
博士の学位を有する方、またはそれに準ずる業績を持つ方。研究手法は細胞生物学・生化学・マウス遺伝学・先端的イメージング等を複合的に活用していくことから、これらの経験を持たれる方を優先しますが、必須ではありません。また、機械的刺激に対する細胞応答を研究する上で、材料工学・機械工学など工学系のバックグラウンドを持たれる方も歓迎いたします。募集に際し、年齢・性別・国籍は問いません。

募集期間
2015年6月末日までの応募を優先。それ以降も、適任者が決定するまで継続します。適任者決定次第、募集を締め切ります。

応募・選考・結果通知・連絡先
履歴書、研究業績リスト(原著論文、学会発表など)、これまでの研究の概要(A4用紙1枚程度)、応募者について意見を伺える方2名の連絡先。全て形式は自由。言語は日本語または英語。全ての書類を一つのPDFファイルにして、電子メールでkosodo@kbri.re.krもしくはykddr2@gmail.comまでお送り下さい。

ご質問・ご相談等は、小曽戸陽一(電子メール:kosodo@kbri.re.krもしくはykddr2@gmail.com)まで、いつでもお問い合わせ下さい。