団ジーン、勝磨両博士の位相差顕微鏡展示のお知らせ

OTHERS

団ジーン、勝磨両博士の位相差顕微鏡展示のお知らせ

団ジーン、勝磨両博士の位相差顕微鏡展示のお知らせ

団ジーン博士、団勝磨博士(前発生生物学会会長)が持っておられた米国Bausch & Lomb社の位相差顕微鏡はこれまで東京大学三崎臨海実験所で展示していましたが、昨年、上野の国立科学博物館に移動し、本年3月から常設展示されましたのでご連絡差し上げます。

団夫妻は1936年にフィラデルフィアで結婚され、しばらく三崎臨海実験所で研究されていましたが、日米戦争がはじまり、研究は停止されます。戦後1947年に、ジーン博士は10年ぶりにアメリカに一時帰国しましたが、その時、アメリカのボシュ&ロム社が位相差顕微鏡のアメリカ第1号機を開発していました。アメリカの研究者たちが、ジーン博士にこの顕微鏡を勝磨博士への土産として持って帰ることを強く勧め、ジーン博士はアメリカ哲学協会会長の援助を得て購入し、1948年に日本に持ち帰りました。ところが勝磨博士はジーン博士に自分で使うように強く勧めました。そこでジーン博士はこの顕微鏡を使って、1950-54年にウニ、ヒトデなど海産動物の精子の先体反応を発見し、発生生物学に大きな貢献をされました。
 一方、この位相差顕微鏡は当時、位相差顕微鏡の製作を試みていた我が国の顕微鏡メーカーの唯一の完成品モデルとなりました。各メーカーの技術者が三崎臨海実験所を訪れてこの顕微鏡を調べたということです。

この歴史的な顕微鏡は国立科学博物館日本館で展示されています。機会がありましたら是非ご覧になっていただきたいと思います。

2018.5・・・文責・馬渕一誠 (東京大学総合文化・生命環境)