日本発生生物学会 臨時総会議事録

OTHERS

日本発生生物学会 臨時総会議事録

日本発生生物学会 臨時総会議事録

日時:2016年10月19日(水)19:20~19:45
場所:三島市民文化会館 小ホール

次第
1.議長の選任
2.会長挨拶
3.報告事項
4.審議事項


1.議長の選任
・遺伝研の澤斉会員が推薦され、満場一致で議長に選出した。

2.会長挨拶
・川上浩一会員および遺伝研の実行委員、学生の皆様への謝辞を述べられた。
・2017年に50周年を迎えるにあたり、記念事業を開催する予定である。

3.報告事項
(ア)庶務報告(藤森副幹事長)
・会員数および会費収入を報告した。
・6/2に東京大学小柴ホールにおいてJSDB Special Symposium: Frontier of Developmental Biology Hosted by JSDB」を第49回大会として開催した。(参加者174名)
・熊本大会中止に伴い大会参加費および懇親会費を返金した。
・日独合同ミーティング、ISDBのミーティングに岡田基金による派遣助成を予定している。

(イ)DGD編集委員会からの報告(仲村編集主幹)
・出版状況を報告した。58-8号まで編集が終了している。
・科研費 国際情報発信強化(B)が採択された。
・Editorial Boardの変更があった
・Editor-in-Chief 賞:Masamitsu Konno 55(2013)、Wiley-Blackwell賞:Kwok Yeung Tsang 57(2015)、奨励賞:Eriko Nishitani、Yasuhiko Tosa、Caixia Liが受賞した。

(ウ)今後のミーティング予定(各担当委員)
・日独合同ミーティングについて(上野会長)
2017年3月15日~18日にドイツのキールで開催される。旅費補助もあるので多くの方の参加をお願いする。詳細は、学会ホームページに掲載する。

・第50回記念大会について(上野会長)
2017年5月10日~5月13日まで東京のタワーホール船堀で開催する。
プレナリーにDr. Lewis Wolpert、Dr. Eddy De Robertis、Dr. Patrick Tam、Dr. Anne Ephrussiに決定した。
5月13日は国立科学博物館において発生展を開催する。

・ISDBについて(上野会長)
2018年6月19日~6月23日までシンガポールで開催する。

・第51回大会(細胞生物学会との合同大会)について(林運営委員)
2017年6月5日~6月8日まで東京のタワーホール船堀で開催する。2年連続で同じ会場となるが、利便性を考慮し決定した。
プレナリーにDr. Pietro De Camilli、Dr. Dennis Discher、Dr. Thomas Lecuit、Dr. Clifford Tabinに内定している。

(エ)その他
・特になし


4.審議事項
(ア)2015年度決算報告(藤森副幹事長)
・2015年決算について報告があり承認された。

(イ)2016年度予算案(藤森副幹事長)
・2016年予算案の提案と説明があり承認された。

(ウ)WEB要旨集の閲覧について(藤森副幹事長)
・医学中央雑誌刊行会よりWEB要旨集を閲覧したいとの申し出があったが、学会員は大会ホームページより閲覧が可能であり、医中誌を利用して公開しないことが承認された。

(エ)その他
・特になし