大学院生(滞在費支援)(Paid PhD student position)募集

OTHERS

大学院生(滞在費支援)(Paid PhD student position)募集

大学院生(滞在費支援)(Paid PhD student position)募集

ドイツ ブラウンシュバイク工科大学動物学研究所 (Reinhard Koster lab, TU Braunschweig Germany)では、zebrafishを用いて小脳機能、及び小脳疾患の病態生理を、ライブイメージング、オプトジェネティックス、行動観察などの手法を用いて解析する大学院博士課程に所属する学生1名を募集しています。更に詳しい研究内容、応募方法等は以下のリンク(英語)を参照してください。
https://www.tu-braunschweig.de/Medien-DB/zoology/cellular-and-molecular-neurobiology/job_advertisement_phd_position_ca-signaling.pdf

【ポジション】 博士課程大学院生(3年間)、約2,000ユーロ/月の滞在費の支援
【応募期間】 採用候補者決定まで
【滞在開始時期】 2020年1月以降のなるべく早い時期 (修士学位2020年3月に取得予定の者は要相談)
【問い合わせ先】 濤川一彦 (k.namikawa@tu-bs.de) (日本語、英語)、あるいはProf. Reinhard Koster (r.koester@tu-bs.de) (英語)

ドイツ北部に位置するブラウンシュバイクはハノーファーとベルリン(電車でそれぞれ45分、1時間半の距離)の中間にある地方都市です。大学院生は個室賃貸(地方都市のため比較的安価)やルームシェアを行っている他、特に留学生には大学付属の学生アパート(ミニキッチン、バストイレ付きの個室に)への入居支援を大学が行っています。

【参考文献】
1.Matsui et al., 2014. Functional regionalization of the teleost cerebellum analyzed in vivo. Proceedings of the National Academy of Sciences USA (PNAS) 111: 11846-11851.
2.Namikawa et al., 2019. Modeling neurodegenerative Spinocerebellar Ataxia type 13 in zebrafish using a Purkinje neuron specific tunable co-expression system. Journal of Neuroscience 39: 3948-3969.