2019遺伝研研究会(熊本大学発生研共催)  「有性生殖における染色体・クロマチン・核動態」

EVENTS

2019遺伝研研究会(熊本大学発生研共催)  「有性生殖における染色体・クロマチン・核動態」

2019遺伝研研究会(熊本大学発生研共催)  「有性生殖における染色体・クロマチン・核動態」

概要
本研究会は生殖細胞発生、性分化、受精、減数分裂、初期発生など有性生殖に関連する様々なテーマを題材とする染色体・核・クロマチン研究の内容についての意見交換と交流促進を目的とする。有性生殖を題材とする研究でありながら、これまで細分化されていた異分野の研究者が一同に会する場を提供することにより、枠組みにとらわれない新しい有性生殖研究のコミュニティーに発展させることを目指す。さらに遺伝学研究所には染色体・クロマチン・核ダイナミクスを専門とする研究者も多く、有性生殖研究の側面からの活発な交流が期待される。これまでこのような趣旨の研究会は前例がなく、新たな試みとして国立遺伝学研究所と熊本大学発生医学研究所の共催シンポジウムとして開催する。

開催日時:2019年 6月5日 12:40-18:00
         6月6日  8:30-16:00
開催場所:国立遺伝学研究所 講堂

一般公開・事前登録不要・参加費無料
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/nig-meetings?id=1104
http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/iden_imeg2019/

世話人
国立遺伝学研究所 酒井則良 
熊本大学発生医学研究所 石黒啓一郎

問い合わせ先
熊本大学 発生医学研究所 染色体制御分野 石黒啓一郎
TEL:096-373-6606
E-mail:ishiguro [at] kumamoto-u.ac.jp ※[at]を@としてください。