(2012.06.14)

日本発生生物学会 夏季シンポジウム2012 参加者募集


日程:2012年9月4日(火)〜9月6日(木)
場所:筑波大学下田臨海実験センター(静岡県下田市5丁目10-1)
tel: 0558-22-1317
http://www.shimoda.tsukuba.ac.jp/
参加費:¥7,400(\4,900 [2泊2朝食1昼食1夕食]+ \2,500 [懇親会費])

 2012年度夏季シンポジウムを、静岡県下田市の筑波大学下田臨海実験センターにて開催致します。本シンポジウムは、大学院生やポスドク等の若手研究者が、それぞれの研究発表や討論を通して相互に深く議論する会として企画されています。また、シニア研究者のパネリストとも議論・交流していただき、発生生物学の将来を担う若者の武者修行の場となることを期待しております。

参加対象者は、PIの指導のもとで研究を行っている大学院生、ポスドク、およびこれに準じる方で、筆頭演者として口演やポスター等の学会発表を1回以上経験している若手研究者とします。参加者は30名程度を予定しており、一人あたり20分程度の発表時間を予定しております。全日程の参加および口頭発表することを参加条件とします。宿泊施設および日程に限りがありますので、参加希望者多数の場合には、講演要旨をもとに参加者を決定させていただきます。本シンポジウムは発生生物学会員を対象としておりますが、非会員で参加を希望する場合は事務局(jsdbadmin@jsdb.jp) までお問い合わせください。

旅費、参加費は自己負担を原則としますが、遠隔地からの参加等で負担の大きい場合には、マリンバイオ共同推進機構(JAMBIO)から旅費を支援いたしますので、参加申込書の旅費支援希望の有無を選択して下さい。なお、支援対象者および支援額は事務局で審査後決定させていただき、支援対象者にはシンポジウム参加後にレポートを提出していただきます。

パネリスト(敬称略、50音順)
相沢慎一(CDB)、阿形清和(京都大)、上野直人(基生研)、影山裕二(神戸大)、相賀裕美子(遺伝研)、高田慎治(基生研)、林茂生(CDB)、藤森俊彦(基生研) 

応募方法:参加申込書(Word17KBPDF49KB)をダウンロードし、必要事項を記入の上、添付ファイルとしてメールでお送りください。

申込宛先:発生生物学会事務局宛(momozu@jsdb.jp; subjectは「夏季シンポジウム応募」として下さい)。問い合わせ等もこちらまでお願い致します。

締切:随時募集中

夏季シンポジウム2012世話人
筑波大学下田臨海実験センター 谷口俊介


etc213
Update 2012.06.14