追悼 岡田節人先生

OTHERS

追悼 岡田節人先生

追悼 岡田節人先生

Prof.OKADA.jpg(撮影:藤森俊彦)

昨日、本学会会長を務められた岡田節人先生がご逝去されました(享年89歳)。
岡田節人先生は本学会の創設メンバーのお一人であるとともに、1979年から1982年まで二期にわたり会長を務められました。岡田節人先生は長年にわたってその慧眼を持って発生生物学研究を開拓され、多くの後進研究者を育てられるとともに、日本の研究者と海外の研究者の学術交流を進められました。現在、日本の発生生物学が分子・細胞レベルの研究においても、海外と比肩する成果を生み出し、また国際的にも高く評価されていることは岡田節人先生のこのようなご尽力の賜であるといえるでしょう。加えて、軽妙な語り口、筆致で講演や執筆活動をとおして広く社会へ発生生物学の面白さ、重要性を伝える啓蒙活動を行われるなど、我が国の発生生物学の発展に多大な貢献をされてきました。また近年は、とくに発生生物学における若手研究者の国際的な活躍に期待され、本学会の「岡田節人基金」を設立されました。このように本学会は岡田節人先生に暖かく見守られ、また将来のさらなる発展に向けて大きな期待を受けていたといえるでしょう。

発生生物学研究者であり、同時に音楽を始めとする芸術を愛する文化人でもあった岡田節人先生のご逝去は本学会にとって大きな哀しみであり、ここに深い哀悼の意を捧げます。

平成29年1月18日

日本発生生物学会
会長 上野 直人

【岡田節人先生御略歴】
兵庫県伊丹市出身
1950年 京都大学理学部卒業
1957年 英国エジンバラ大学留学
1964年 米国カーネギー研究所留学
1967年 京都大学教授
1984年 基礎生物学研究所所長
1989年 岡崎共同研究機構(現自然科学研究機構)長
1989年 ハリソン賞受賞
1993年 JT生命誌館館長(2003年まで)
2007年 文化勲章受章