第52回日本発生生物学会総会議事録

OTHERS

第52回日本発生生物学会総会議事録

第52回日本発生生物学会総会議事録

日時:2019年5月16日(木)12:00~12:45
場所:大阪国際交流センターRoom A

次第
1.議長の選任
2.会長挨拶
3.報告事項
4.審議事項
5.任意団体から法人への移行


1.議長の選任
・会場から議長の立候補を募ったが現れなかったため、事務局が基礎生物学研究所の吉田松生会員を推薦し、議長に選出した。

2.会長挨拶(上野会長)
・西田宏記大会長および学生の皆様、協賛いただいた企業への謝辞を述べられた。
・任意団体として最後の総会であることを述べられた。

3.報告事項
1.法人化について(藤森運営委員)
・2018年の総会において学会の法人化が承認されており、今までの経緯および今後の進め方について報告した。

2.庶務報告(森本幹事長)
・会員数および会費収入を報告した。
・今後は以下のミーティングを予定している。
2019年9月2日‐4日/夏季シンポジウム(栃木・日光)
2019年10月23日‐29日/EDBC(欧州発生生物学会)(スペイン・Alicante)
2019年11月11日‐14日/EMTミーティング(熊本)
2020年5月19日‐22日/第53回大会(中村輝大会長・熊本)
2020年未定/APDBC 2020(Hong Kong(予定))
2020年10月/第3回日独合同若手ミーティング(ウルム・ドイツ)
2021年6月15日‐18日/第54回大会(中川真一大会長・札幌)

3.DGD編集委員会からの報告(仲村編集主幹)
・出版状況を報告した。61巻4号まで発行している。特集号について説明があった。
・Editor-in-Chief 賞:Niwa, Yuko S., Niwa, Ryusuke、Wiley-Blackwell賞:Masaki Kinoshita, Austin Smith、奨励賞:Takebayashi-Suzuki, Kimiko、Tatsuya Kamimura、Kazutaka Hosodaが受賞した。

4.第52回大会について(西田大会長)
・プレナリーレクチャー2名、シンポジウム36演題、一般口頭発表99演題、ポスター発表214演題、日本語の口頭発表18演題である。
・本日現在446名の参加申込があった。
・ポスター賞の投票に協力をお願いしたい。
・発表者の内訳(国内外・日本人外国人)について報告があった。

5.その他
・特になし


4.審議事項
1.2018年度・2019年(1-3月)決算報告(森本幹事長)
・2018年決算および2019年(1-3月)決算について報告があり承認された。

2.その他
・特になし

5.任意団体から法人への移行
1.任意団体会長挨拶(上野会長)
・2018年の選挙結果に基づき、次期会長は武田洋幸会員となることが報告された。

2.資産の移管
・財産目録を任意団体の上野会長より一般社団法人の武田会長へ手渡された。
・2019年の予算について報告があった。

3.会員から社員への移行
・任意団体日本発生生物学会の会員は、一般社団法人日本発生生物学会の社員になることが報告された。

4.一般社団法人代表理事挨拶(武田会長(代表理事))
・一般社団法人として引き続き学会活動を続けていくことが述べられた。

5.任意団体の解散(上野会長)
・第51回総会で法人化について審議・承認されている通り、この総会をもって任意団体を解散することを述べられた。