沖縄科学技術大学院大学 進化神経生物学ユニット研究員募集のお知らせ

RECRUITMENT

沖縄科学技術大学院大学 進化神経生物学ユニット研究員募集のお知らせ

沖縄科学技術大学院大学 進化神経生物学ユニット研究員募集のお知らせ

進化神経生物学ユニットは、海産無脊椎動物(刺胞動物、有櫛動物、センモウヒラムシ、海綿など)を用いて神経細胞の起源や神経系の中枢化過程を解明するプロジェクトの研究員を募集いたします。動物の進化において、神経系の出現とその中枢化は歴史的な出来事ですが、そのプロセスの詳細についてはまだ明らかになっていません。当ユニットでは、もっとも原始的な現生動物群を広く対象として、顕微鏡、ゲノミクス、トランスクリプトミクス、メタボロミクスや分子/細胞/発生生物学による最先端の解析を行うことで、神経系の初期進化過程を再構築することを目指しています。

[職務内容]

  1. 海洋無脊椎動物を用いた遺伝的研究、顕微鏡的研究を行う
  2. プロトコルのデザインと確立
  3. ゲノムデータ、トランスクリプトームデータの解析

[応募資格]
<必須>

  1. 進化生物学、発生生物学、あるいは関連分野での博士号を取得しており、光学顕微鏡、蛍光顕微鏡の経験のある方
  2. 進化発生学について十分な専門知識と研究経験を持つ方
  3. 非モデル海洋無脊椎動物の遺伝子機能や神経生物学的実験を行うための技術やツールの発見、開発に自発的に取り組むことができる方
  4. 進化神経生物学ユニットには、多岐にわたる分野を専門とするメンバーがおり、学際的な協同研究が推奨されます。そのため、コミュニケーション能力、チームワーク力を持っていることが必要とされます。
  5. 遺伝子実験を行う上で、基礎的、応用的な知識を有し、問題解決に積極的に取り組むことのできる方
  6. 英語でのコミュニケーションに問題のない方

<尚可>
国際的、多文化的環境での職務経験
顕微鏡画像を用いた定量解析

[雇用形態]
常勤、1年間の任期制雇用(更新可)。

[勤務時間]
9:00-17:30(裁量労働制)

[給与]
本学園の規定に基づき、経験・能力に応じて支給する(本給、通勤手当、住居手当)

[提出書類
履歴書および職務経歴書(英文及び和文)、カバーレター(英文、可能であれば和文も)を下記アドレスにメールにて送付ください。

沖縄科学技術大学院大学 進化神経生物学ユニット
新崎 ちひろ | Chihiro Arasaki
Email: chihiro.arasaki@oist.jp