夏季WS2014 参加報告書 石橋朋樹(大阪大学)

CONFERENCE REPORTS

夏季WS2014 参加報告書 石橋朋樹(大阪大学)

夏季WS2014 参加報告書 石橋朋樹(大阪大学)

大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻
細胞生物学研究室 博士前期課程1
石橋朋樹

"なんだか面白そうなことにはひとまず首を突っ込んでみる"という性質ですので,今回,浅虫臨海実験所にて行われる夏季シンポジウムの話を聞いたときには,直ちに参加申し込みをしました. 浅虫の気持ちのよい気候のなか,想像以上の楽しい時間を過ごすことができました.

今回の私の発表では,懇親会で話の種にして頂けるほどに多くのコメントを頂戴しました.頂いたコメントは,今後どのような実験の計画を立て,どのような哲学を持っていくべきかという示唆に富むものであると共に,自分の考察の浅さを実感させるものでもありました.怒涛のごときディスカッションに対して,的確な返答をできなかったことはとても口惜しい思いをしましたが,もっと実験をして考察を重ねて,いつかあっと驚かせる結果を持参してやる,と研究に対しての気持ちを新たにするモチベーションにもなりました.

また,夏季シンポジウムでの口頭発表が,私にとって大学外初の口頭発表でしたので,自分の発表への"批評のストック"を持っていなかった私としては,数多く頂いた鋭いご指摘のすべてが,今後の自分の発表を改善していく良い指針となりました.

単純なディスカッションだけでなく,志の高い参加者の方々や,普段なかなか話すことのできないパネリストの先生方と垣根なく交流できたことも,大変に有意義な経験となりました.発表内容はもちろん,発生学の面白さについて濃厚な議論をさせて頂いたことは,自分自身の現在,将来を見直す良い契機となりました.

最後になりましたが,今回の企画を運営して下さった先生がた,および浅虫臨海実験所の職員の皆さまに心より感謝を申し上げます.シンポジウム最終日に,まだ自分は修士1年だから少なくともあと2回は参加できるな...と皮算用するほどに楽しいシンポジウムでした.本当にありがとうございました.また,参加にあたり,旅費支援を頂きました.こちらも,重ねてお礼申し上げます.