夏季WS2014 参加報告書 守野孔明(筑波大学)

CONFERENCE REPORTS

夏季WS2014 参加報告書 守野孔明(筑波大学)

夏季WS2014 参加報告書 守野孔明(筑波大学)

筑波大学大学院 生命環境科学研究科
生物科学専攻(筑波大•院生命環境)
D2 守野孔明

9/1-9/3に東北大学付属の浅虫海洋生物学教育研究センターで行われた夏期シンポジウムに参加してきました。実は前回下田臨海実験センターで行われた時にも参加するかどうかかなり迷ったのですが、どうも敷居が高く、抜き身で切り合う恐ろしい所のようなイメージがあり、参加を見合わせてしまっていました。非モデル生物を使い、発生というより進化色のかなり強い研究している自分が参加していいものか、今回もかなり躊躇いがあったのですが、前回参加者の研究室の先輩やオーガナイザーの方からの強い勧めもあり、思い切って参加してみる事にしました。

不安を抱えての参加でしたが、発表時間が40分と長く、じっくりと背景を説明出来た事もあってか、聴衆の方々としっかり実のある議論が出来たように思います。今までと異なった視点からの意見をたくさんいただき、今後の研究の方向性を考える素晴らしい機会になりました。また、分野がかなり異なる他の参加者やPIの方々の研究に関しても、時間がしっかり確保されていたお陰で、よく理解し議論を交わす事が出来ました。

なにより、今まで交流の少なかった縦横の人の繋がりを持つ事が出来た事が今回の一番の収穫です。オーガナイザーの方々のお陰で、毎晩交流会の準備ができておりましたし、地引き網のようなレクリエーションもあり、研究発表以外の時間も楽しむ事ができました。会場となった浅虫のまわりは景色もよく、何がなくとも来てもいいような場所でした。そういう面でも、青森まで来た甲斐がありました。

次回以降もこのような企画が続いて欲しいと思いますし、参加を迷っている学生の方が居るのであれば、参加する事をお勧めしたいです。