ISDB 2013 参加報告書 佐藤恵莉子(東北大学)

CONFERENCE REPORTS

ISDB 2013 参加報告書 佐藤恵莉子(東北大学)

ISDB 2013 参加報告書 佐藤恵莉子(東北大学)

東北大学生命科学研究科生命機能専攻
神経機能制御分野 修士課程1年
佐藤恵莉子

この度、日本発生生物学会より旅費支援をいただき、2014年5月27日から30日まで名古屋で開催された第47回日本発生生物学会に参加しました。本学会ではシンポジウムやオーラルプレゼンテーションだけでなく、フラッシュトークや若手ワークショップなども行われており、若手研究者が多くの方から質問やアドバイスを受けられる場が設けられていました。また、ポスター発表も2日間にわたって行われ、なるべく多くの発表を聞けるようにと配慮されており、年会を単なる自己満足の発表の場とするのではなく、活発な議論を促し、発生生物学の分野を新たな段階へと進行させようとする気概が伝わってきました。一部を除いて全般にわたり英語を使用言語と設定したことも、分野の違いによって、内容理解が難しい発表もありましたが、自分自身だけでなく発生生物学会全体で見た時にも、今後必ず役に立つだろうと感じました。
私は本学会で、メカニカルストレスによる細胞分化制御についてポスター発表を行いました。研究内容が純粋な発生生物学とは少し異なっているため、聞きに来てくれる人があまりいないのではないかと不安に思っていましたが、当日は多くの方に発表を聞いていただくことができました。また、自分では気が付かなかった点について指摘を受け、意外な切り口からの質問を沢山いただけたことで、新たな課題がみつかり、今後の自分の研究について考える良い機会になりました。
その他の発表では、プレナリー・レクチャーでAlexander Schier博士やHans Clevers博士といった海外で活躍されている方々のお話を聞くことができて大変勉強になりました。また、分野外ではありますが特に興味を魅かれたのはカブトムシの角形成についての研究で、性差を司るdoublesexという遺伝子の働きをRNA干渉により抑えると雄にも雌にも未完成な角がつくられるというお話でした。カブトムシを対象とした研究に関する発表を初めて聞いたのでとても興味深い内容でした。このように個性的な発表が多くあるのも、発生生物学会の魅力の一つであると思います。

今回の発生生物学学会では多くの人の発表を聞くことができただけでなく、自分の研究成果も発表する機会をいただけたことはとても貴重な経験になりました。このような機会を与えて下さった日本発生生物学会、並びに関係者の方々に深く感謝いたします。